糖質制限ダイエットは”悪”なのか?

糖尿病と診断され、太っている私が医者から言われたことは
まずは痩せなさい!

そう言われて始めたのが「糖質制限ダイエット」でした。

でも実はいきなり”危険”なやり方から始めてしまったんです。

ちまたでは完全糖質制限ダイエットなどとも言われたりしてるみたいで。

 

糖質制限ダイエットの仕組み

人が食事を摂ると血糖値徐々に上がります。

血糖値というのは血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことで、
ブドウ糖は人間のメインのエネルギー源でもあります。

そしてこのブドウ糖というのは、
炭水化物(ご飯やパスタやパンなど)の中の糖質が分解されてできたものなんです。
(全部じゃないですけど)

キャプチャ画像

食後にブドウ糖が増える(血糖値が上がる)と、
膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンが
ブドウ糖を体の各組織(細胞)に運んでくれます。

ところが血糖値の上昇が早すぎるインスリンの分泌が増えすぎて、
各細胞に余分にブドウ糖が運ばれてしまいます。

そうなると正常に代謝できなくなって、
インスリンは余ったブドウ糖を脂肪に変えて蓄えちゃうんです。

この脂肪が溜まってくると”肥満”になります。

これが(糖質の多い)炭水化物を摂れば摂るほど太りやすいと言われる理由の一つです。

 

糖質制限ダイエットとはその名のとおり、
余分なブドウ糖(≒糖質)を体内に残さないため、
糖質の多い食品を制限するというものです。

 

血糖値を急上昇させない食事の仕方も重要です。

これは言い換えれば糖質の吸収を緩やかにさせるという意味でもあるんですが、
たとえば”よくかんで食べる”とか、”食物繊維を一緒に摂る”ことなどで
糖質の吸収を遅らせることができます。

またインスリンの分泌が正常に働かなくなると血糖値はどんどん上昇して、
体にさまざまな悪影響(合併症など)を及ぼします。

この状態を糖尿病といい、
早急な食生活改善が必要になってきます。

元々は糖尿病患者の血糖値を下げる食事療法の一環として
糖質を減らすというのがあったそうです。

それがダイエットアンチエイジングへも効果があるということで
糖質制限ダイエットというのが脚光を浴びてきたというわけです。

 

糖質制限ダイエットにもいろいろある?

糖質制限ダイエットといってもレベルによっていろいろ違いがあります。

たとえば完全糖質制限食(スーパー糖質制限食とも言われるようです)

これは1食の糖質摂取量を可能なら10~20g以下
1日の糖質摂取量は多くても60g以下というものです。

ちなみにお茶碗1杯分(約150g)のご飯(炭水化物)だけで糖質は約55gあります。

つまりご飯1膳におかずが少々で
1日の糖質摂取量を消費してしまう計算になりますね。

ということは基本的に炭水化物は一切抜き
肉や魚や野菜中心の糖質制限食ということになります。

キャプチャ画像

この糖質制限ダイエットですが、
テレビや雑誌などで紹介される機会が増えてきたせいか、
こぞってマネする人が多くなってきたみたいです。

かく言う私もその一人ですが(笑)。

ただこの完全糖質制限(炭水化物抜き)ダイエットは、
長期的に実践した場合の効果や安全性についての詳しいデータがまだまだ少なかったり、
ガイドラインもはっきりしてないんですね。

そのため”糖質制限=ダイエット”という評判ばかりが独り歩きして、
過剰なダイエット方法が蔓延しているという現状もあったりします。

 

糖質制限ダイエットの罠

かかりつけのクリニックの先生も

「糖質制限食についてはまだ長期的なデータが存在しないんだよね」

「だからいいとも悪いとも言えないね」

と言っていたのを思い出しました。

これが何を意味するかと言えば、
糖質を極力減らす(炭水化物を抜く)ことで確かに体重は減るかもしれないけど
体に害を及ぼす危険性も否定できないということなんですね。

 

炭水化物というのは体の中で分解されてブドウ糖に変わり、
エネルギーの素となります。

だからダイエットと称して炭水化物を摂らなかったり極端に減らしてしまうと
脳が正常に働かず、ボーとしたり集中力を欠いたりしちゃうこともあるんです。

仕事の効率も低下するでしょう。

その反対に炭水化物を摂りすぎてしまうと、
今度は脂肪として体内に残っちゃうのでやっかいなんです。

キャプチャ画像

そうならないためには”炭水化物をいっさい摂らない”んじゃなくて、
炭水化物があまり含まれていない食品を選んだり
炭水化物そのものの量を減らしてみることが重要になってきます。

つまり完全糖質制限(炭水化物抜き)ダイエットではなく、
(ゆる)~い糖質制限(低糖質・低炭水化物)ダイエットですね。

これは1食当たりの糖質摂取量20~40g
1日なら70~130g以内に抑えて食べるという“緩やかな糖質制限”というものです。

 

炭水化物は”悪者”じゃぁない

完全糖質制限ダイエットと呼ばれるようなダイエットは、
もしもやるのであれば短期間でやめておくことをおススメします。

実際、私も最初の2週間だけは”ほぼ”炭水化物抜き糖質制限ダイエットをやってました。

その結果、体重は一気に3kg痩せました

でも3週間目のある日、急に気分が悪くなり寒気までしてきたので、
毛布をかぶって3時間ぐらい横になっていたことがあります。

きっと糖質摂取を制限しすぎたための糖質不足による体の機能低下だと
私は思ってます。

炭水化物を摂らなかったがためにエネルギー源が不足していたんでしょう。

栄養バランスが悪すぎたんでしょうね。

もしもそのまま(完全)糖質制限ダイエットを続けていたら
また体に何らかの支障をきたしたかもしれません。

(あくまで推測ですけど)

だからその後は緩~めの糖質制限(低糖質・低炭水化物)ダイエットに切り替えたんです。

ミュージシャンのGACKTさんのように、
炭水化物を一切摂らない・食事は1日1回などという生活は
普通の人はやらない方がいいですよ。

あの人の体は特殊なんです(笑)。

 

このご時世、いろんなダイエットが次から次へと出てきます。

その信ぴょう性も様々で、
どれが正しいのかどれが自分に合ってるのかの判断が難しいところですが、
健康を維持しながら痩せるんだったらやっぱり適度な運動
規則的で低カロリー・低糖質な食事がベースになるんじゃないかと私は思ってます。

 

糖質制限すれば好きなだけ食べていい?

ロカボ(ローカーボ)ダイエットという言葉を
メディアで最近よく見かけるようになりました。

ロカボとは“ロー(低い)カーボハイドレート(炭水化物)”の略で、
基本的には糖質制限(低糖質・低炭水化物)ダイエットと同じものです。

ただ”ロカボダイエット”と銘打ったサイトの中には、
炭水化物は極力減らして糖質制限さえしてれば他はなんでも食べていい夢のようなダイエット
とうたってるところもあったりします。

カロリー気にせず肉だって食べ放題、油OK、揚げ物も問題なし!
マヨネーズもどんどんかけて…みたいに。

キャプチャ画像

でもね、単純に考えても

栄養のバランスが悪すぎで体おかしくなりそうじゃないですか?

 

この理論だと、たとえばご飯抜きで毎日3食ステーキばっかり食べてても
全く問題なしってことになりますよ。

トンカツや焼き肉などを毎日腹いっぱい食べ続けてもOKってことです。

いやいやそれじゃ体おかしくなるって。

 

確かに糖質は減りますが、
悪玉コレステロール脂質がここぞとばかりに体内に溜まって
それが原因で別の病気を引き起こす可能性だってあります。

マヨネーズも確かに糖質は低いですが、
多めにかければコレステロールも脂質もハンパなくなりますよ。

野菜を一切摂らなければ食物繊維不足で太りやすい体質にもなるし、
便秘にもなりやすくなります。

それに「なんでも食べていい」ということは、
胃袋が小さくならないってことでもあるんですよね。

これは空腹を感じるタイミングがすぐに来ちゃうってことでもあり、
いつも何かでおなかを満たしてないとストレスが溜まっちゃうばかりでなく、
いつかリバウンドが来てまた太っちゃうと言うことにもつながるんです。

 

私はこういったことになるのを避けたいというか、将来的には
「意識しないで”ゆる~い糖質制限(低糖質・低炭水化物)ダイエット食”が普通の生活」になるように、脂、コレステロール、カロリー、塩分などの摂りすぎにも多少は気をつけるようにしていますよ。

そして目標体重にまで体重が落ちたら、あとは”頑張って”ではなく、
”自然に”緩めの糖質制限食で体重をキープできるように持っていこうと思ってるのです。

できるだけ無意識に実行できるようになれれば最高ですね。

ファンケル 大人のカロリミット限定ケースセット